鮮魚

しげっちしげっち

鮮魚 活魚 違い

読了までの目安時間:約 4分

 

皆さんこんなこと気になったことないですか??

魚屋さんやスーパーの魚コーナーに行ったときに目に飛び込んでくる「鮮魚」とか「活魚」というこんな文字。この文字を見ると「あぁ~ここで取り扱っている魚は新鮮なんだなぁ~美味しんだなぁ~」っと思うけど、実は「鮮魚」と「活魚」は「新鮮」という大きなくくりの意味合いでは同じだけど、実はこの2つの言葉の意味には大きな違いがあるって知ってる??

お店によっては水槽があってその中を元気に泳いでいる魚がいると思うけど、こういった「生きた魚」のことを「活魚」といいます。お寿司屋さんなんかで泳いでいる水槽から魚を取ってくれたり、自分で魚釣りをさせてくれて釣れた魚をそのままさばいて刺身で出してくれるところなんかは正真正銘の「活魚」となりますねっ。

 

「鮮魚」っというのはスーパーに並べられていて鮮度のよい魚の事を言います。「活魚」との大きな違いというのはもうすでに「死んでいる魚」っということです!!

 

なので「活魚」と「鮮魚」の違いは魚の命があるかどうかというところです。なので具体的に言うと水槽で元気に泳いでいる間は「活魚」となります。たまに水槽の中であおむけ状態になっている魚や水面にぷかぷか浮いて口をパクパクさせている魚がいますけど、これはまだ死んではいないのでギリギリラインでの「活魚」となりますねっ^-^だって死にかけているだけで生きているんですから・・・・そんな魚が水槽でぷかぷか浮いているだけの状態になるとこれは「活魚」から「鮮魚」へ変わると言うことになります。

 

ちなみに「刺身」の話ですけど、美味しい刺身を食べようと思ったら「活魚」と「鮮魚」どっちの方が美味しいか知ってる???

一般的なイメージでは刺身を食べるんだったらより鮮度のいい方が美味しいと思われているので生け簀からすくい上げてその「活魚」をぴちぴちの状態ですっとさばいて食べる!!身もぷりっぷりっのこりっこりっでこれが一番旨い!!なんて人が多いと思うけど実はそれ間違いなんですよ!!

魚が美味しくなるのは活魚から鮮魚に変わった状態からスタートします!!生きている魚にはATPといわれるアデノシン三リン酸という生体エネルギーがあるけど、これが鮮魚となったときに分解されて時間の経過とともに旨み成分のIMPといわれるイノシン酸に変わっていきます。

時間の経過とともに「活魚」のようなぷりぷり感はなくなってくるけど、その変わり魚が熟成していくので旨みはどんどん増えていきます!!!

 

ちなみにこれの究極が「江戸前寿司」のような「熟成寿司」となります。魚の種類とかにもよるけど魚の熟成期間「15日」とか・・・・素人がやると普通に腐ってしまうけど、これこそプロのなせる技ですなぁ~

 

 

          

 

タグ :  

雑学    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: