硬貨

しげっちしげっち

硬貨 材質 コイン

読了までの目安時間:約 4分

 

日本にはたくさんの種類のお金があります。種類としたら現在はこれだけ1万円札・5千円札・2千円札・千円札・500円・100円・50円・10円・5円・1円。

その中で紙幣ではなくて硬貨についてですけど、普段何気なく使っているのであまり気になることはないけど、言われてみれば・・・という疑問のお話です。

500円、100円、50円、10円、5円、1円という硬貨の中で硬貨の横にギザギザがあるものとないものがあると思うけどこれって実は意味があるって知ってる??

ちなみに硬貨の横にギザギザのある硬貨は500円、100円、50円の3種類でギザギザのない硬貨は10円、5円、1円となっています。

 

それではなぜ硬貨の横にギザギザがついたのか・・・・その理由は江戸時代まで遡ります。江戸時代の貨幣は大判小判といったのもだったけど、そのお金の材質には本物の「金」が使用されていました。ちなみにこの頃にはまだお金のふちにはギザギザはついていなかった・・・がその為にある事件が起こってしまいました。

材質に本物の金が使用されていたので、大判・小判を少しずつ削ってその削りかすを質屋に持って行って「お金」と交換するという事件が横行したそうです。

 

明治時代になって新しい硬貨が発行された時にも本物の金や銀が使用されていたので大判小判の反省をふまえて不正防止の為にすべての硬貨の横にギザギザを付けるようになった。ちなみに20円、10円、5円、2円、1円には「金」を、50銭、20銭、10銭、5銭には「銀」が使用されていました。

 

では現在の硬貨には本物の「金」や「銀」が使われていないのになぜギザギザがついているのか??

それは製造されたときに「一番高い硬貨」については「偽造防止の為」にギザギザがつけられたからだそうです。ちなみに「ギザ10」なんて言葉聞いたことがあると思うけどそれもこの流れから来ているものになります。

昭和26年に当時一番高い硬貨として10円が作られたので硬貨の横にギザギザがついています。その後は昭和30年に50円玉が。昭和32年には100円玉ができました。

 

昭和57年には500円玉が出来たけど500円玉には従来のようにギザギザが付かなかった。理由はギザギザよりも偽造されにくいように硬貨の側面に「NIPPON」と「500円」と書いた文字が入った為です。

 

それではなぜ現在ではギザギザがある必要のなくなった100円玉や50円玉のギザギザが残っているのか??それは誰が触っても硬貨の判断が出来るようにする為です。50円玉にギザギザを残している理由は5円玉との区別をする為。100円玉にギザギザを残しているのは10円玉と区別をする為です。

 

ちなみに10円玉は100円玉ができてからは「ギザギザ」が入る理由がなくなったので現在のキザギザの入っていない10円玉に変わりました。

 

タグ :  

雑学    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: