コンビニ

しげっちしげっち

コンビニ 袋 茶色

読了までの目安時間:約 2分

 

コンビニで買い物したあと定員さんが商品をレジ袋に入れてくれます。その「レジ袋」には通常のよく見る「白色」のレジ袋と「茶色」のレジ袋の2種類がある事気づいてますか??

普段コンビニで買い物する時にお客さん側では「レジ袋の色」なんて気にすることがないと思うのでどうゆう時にレジ袋が「茶色」なのか!?なんて考えた事ないと思うけど・・・コンビニで使っているレジ袋の「白色」と「茶色」にはちゃんとした理由があるんです!!

 

少し日常を思い返してみるとコンビニで「茶色」のレジ袋が登場するのは主に「お弁当」を買った時です。

レンジでお弁当をチンして、それから白色ではなく茶色のレジ袋に入れてくれます。そうレンジで「チン」をしてから・・・・・なので「温かい」弁当を入れる時に使用されるから「茶色のレジ袋には耐熱性のある素材が使われている」と思ってる人が多いと思うけど、それは間違いです!!!

 

この「白色」と「茶色」の2種類のレジ袋の「素材」は全く一緒なのです。違うのはレジ袋の「底の幅が広いか狭いか」といった所だけです!!

何故わざわざ2種類用意しているのかというと、お弁当のように少し幅の大きな商品は底の幅が広い「茶色」のレジ袋に入れないと手に持った時に弁当が「水平」にならないからです!!もしレジ袋の底幅が狭い「白色」のレジ袋に弁当を入れてしまったら袋の中で弁当が傾いちゃいます。

こういった事を防止するために、ぱっと見で分かるようにレジ袋を「茶色」に変えて定員さんが間違えないようしているそうですよ!!

 

タグ :  

雑学    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: