薬を食後に飲む理由

しげっちしげっち

薬を食後に飲む理由

読了までの目安時間:約 3分

 

病院に行った時に貰って帰る薬ですけど、飲むタイミングがそれぞれ決まっています。食前や食間であったり、食後だったり・・・当たり前だけど飲むタイミングは守らないといけないけど、「食後」の薬については「食前」飲んだとしても問題がない場合もあるみたいですよ!!その驚きの理由とは・・・

 

薬を飲むタイミングでの「食前」とは、食事をする約30分前のことを指します。食前に服用する薬は食べ物や胃酸の影響を受けたくなかったり、胃の調子を整える食欲増進剤や食べた後の吐き気を事前に抑えるものなどが主になります。

 

「食間」とは、食事を終えてから約2時間後が目安になります。食間に服用する薬は空腹の状態で飲むことで吸収率が良くなるものや胃の粘膜を保護する薬が多いです。意外に間違っている人が多いみたいだけど「食間」だからといって食事の最中に薬を飲んでいる人、これは完全な間違い!!!気を付けましょう!!

 

「食後」とは食事が終わってから約30分以内のことを指します。食後に服用する薬は食べ物と一緒の方が吸収率が良くなるものや空腹時に服用すると胃を荒らすような効果の強いものがあります。

 

ちなみに薬の分類的に圧倒的に多いのが「食後」に服用するものとなります。それは食後に服用するようになっている薬の中に、本当は食前に飲んでもいいような薬も混ざっているからなんです。何故か・・・・!?

 

その理由は「飲み忘れ防止」の為にあえて食後にしているそうです。薬は何日分も出されることが多いので日にちがたつごとに忘れがちになってしまうので、食後と設定することで食事を食べた後は薬を飲むと習慣づける為だそうです。例えるなら免許証の更新と同じような考え方ですね!!誕生日とセットでみたいな。

 

 

タグ :  

雑学    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: